読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェとパスタと社長の毎日

人生は、もっと楽しい!

家庭用オリーブオイルのかしこい選び方

オリーブオイル、どうやって選ぶ?

パスタと同様に、オリーブオイルにも無数の種類があります。

スーパーに行くと、種類が多すぎて選ぶのに困っちゃうことでしょう。

まず、基本中の基本として、「エキストラバージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」の2種類があるということは知っている人も多いと思います。(実は他にポマースオリーブオイルというのもあるんですが、ここでは省略)

一番いいのは、ピュアとバージンをそれぞれ揃えて、料理の種類や調理方法で使い分けること。

 

 

 

こんな感じで同じメーカーで2種揃えとラクですね。

ただ、僕の主観では、ボスコはクセがなさすぎて、ピュアとバージンでメリハリがない印象。

 

オススメのオリーブオイルは?

あまり高価すぎるものや、生食前提のものはあまりお勧めできない。

料理人によって様々な主張があると思いますが、加熱しても美味しいものを選びたい。

例えば、こういうもの。

 

 

1リットル1000円前後のスペイン産エキストラバージン。

オリーブオイルと言えば、イタリア産のイメージだけど、スペイン産もとても美味しい。

風味もしっかりしているし、加熱調理後もしっかりとコクが残ります。

 

二種類揃えたくない場合は?

ベストは、ピュアとバージンの使い分けだと先ほども書きましたが、実際にはどちらか片方だけ購入したい方も多いはず。

そういう方は、迷わずエキストラバージンを購入しましょう!

エキストラバージンはピュアの代わりになっても、ピュアはバージンの代わりにはなりません。

そこで、エキストラバージンを1本購入して、サラダ油で割るとピュアみたく使えます。

野菜炒めをエキストラバージンでつくると風味が強すぎますが、サラダ油で割ったエキストラバージンでつくると、ちょうどよい感じ。

サラダ油はどの家庭にでもあるでしょうから、エキストラバージンと合わせて、2本で3役というわけですね。

いま一押しの講座だよ⇩(๑・̑◡・̑๑)٩(๑❛ᴗ❛๑)⇩